アフィリエイトで稼ぐ
afi

ネットを使ったアフィリエイト

インターネットを使った仕事はたくさんありますが、中でもかなり以前から存在しているのがアフィリエイトという方法です。

アフィリエイトとは簡単に言えば自分のサイトやブログに広告を貼り付けることで、それを見たり実際にクリックをした人の人数に応じて報酬が支払われるというものです。

魅力的なコンテンツを持ったサイトにはより多くの人が訪れるので、それだけ広告収入も高くなりかなりの金額を得ることも可能です。

いわゆる「アルファブロガー」と言われる高アクセス数を誇るようなブログの管理人はそうしたアフィリエイトでの収入で生計を立てているということもよくあり、場合によっては一ヶ月で数十万円~数百万円もの金額を稼いでいるということもよくあります。

今は「Google AdSense」が主流

アフィリエイトサイトにもいくつか種類があり、自分で掲載する広告を選ぶことができるというタイプや、単に広告を掲載するというプログラムをサイト内に入れ込むことでそこを訪れる人の履歴によって広告内容が自動的に変わっていくというタイプがあります。

また金銭の発生の方法についてもいろいろで、訪れただけというプレビュー数で金額が決まるというタイプから、実際にその広告をクリックをして目的のページに遷移をした数や、または広告の商品を購入したり会員登録をした人がいたかどうかというようなことで金額が決まるというものまでさまざまです。

アフィリエイトというネット上での仕事が流行り始めた頃にはいくつかの企業が参入をしていましたが、現在ではかなり淘汰が進んだ感じがあり、主流となっている「Google AdSense」と「Amazonアソシエイト」という2つのサイトがほとんどとなっています。

ただその他のアフィリエイトサイトでも独自に金額を設定して着実に収入を上げているという人もいるので、これからサイトを構築しようとするならどういった広告があるのかということを調べておいた方がよいでしょう。

「Google AdSense」が人気なのは大手検索エンジンであるGoogleの利用者が圧倒的に多いことと、プレビュー数とクリック数という手軽な方法で金額が決まるということがあるからです。

そのためPV数が一日1000件以上にもなるブログやサイトになると、お小遣い程度の収入が簡単に得られます。

一方で「Amazonアソシエイト」は広告をした品物が購入に至らなければ報酬が発生しないというシステムになっています。

ただAmazonはネットショップ最大のシェアとなっているので、自分のサイトやブログの内容に合致した広告をうまく貼ることができればかなりの報酬が発生してきます。

About

Categories: おすすめの副業 |
[TOP]