動画投稿で稼ぐ
douga

今Youtuberがネットで熱い

インターネットを使った商売として、ここ数年で急激に注目をされるようになってきたのが「動画配信者」です。

中でも世界最大の動画アップツールである「Youtube」を使った動画配信によって広告収入を得ているという人のことを「Youtuber(ユーチューバー)」と呼び、一つの職業名称と言ってもいいくらいにまで有名になっています。

Youtubeの他にも日本では大手である「ニコニコ動画」を使った動画製作者や、生放送を個人で配信する「生主」と言われる人も同じように広告収入をうまく稼いでいるケースがよく見られます。

少し以前まではそうした動画配信はどちらかというと個人での承認欲求や知名度アップのために使われることが多かったのですが、現在ではアフィリエイトブログと同じような感覚で金銭目的で始めるという人も増えてきています。

動画制作は本人が出演をして何らかのパフォーマンスをするというものが多いですが、それだけでなく独自のコンテンツをアップしていくことで人気を得ていくことも不可能ではありません。

Youtuberになるために必要なこと

動画投稿サイトはいろいろありますが、最もユーザー数が多いYoutuberとしてデビューするための方法で紹介をしていきます。

まずYoutuberになるために最初にすることは、「Youtube」のアカウント取得と、広告を出す「Google adsense」への登録、それと広告収入を受け取るための銀行口座の準備の3つです。

まず何をおいてもこの手続がなければ先に進めませんし、また登録自体で何らかの維持管理費が必要になるわけではないので早めに行っておくことをおすすめします。

中でも最も重要なのはYoutubeのパートナーとしての審査に通るということで、これには少し時間がかかってしまうこともあります。

Youtubeは厳格な規則で審査が行われており、違法なコンテンツ(権利者以外からの音楽・映像コンテンツなど)を投稿していないことが条件になります。

あくまでも独自のコンテンツ制作をするということがYoutuberの条件です。

今後はますます著作権に関するチェックは厳しくなっていくことが予想されますので、Youtuberになるならそうした権利関係についてもしっかり勉強をしておく必要があります。

Youtuberが使っている機材

もう一つ動画制作に必要になるのが、録画をするための機材とそれを編集するための環境です。

有名なYoutuberさんになるときちんと専用の録画機器を用意していることも多いのですが、映像の質だけが人気になるわけではないため、高性能録画機能のあるスマホでも十分に対応をすることができます。

それよりも重要なのがアップのための編集をするためのソフトの方で、フリーソフトとして出されているものから高額で販売されているものまで、自分がやりやすいものを見つけることが大切になってきます。

きちんと編集をしてよけいな部分を消したり、プライバシーに関わるところを見えなくするという作業は必須とも言える作業になるためまずそのあたりのスキルも身に着けたいところですね。

About

Categories: おすすめの副業 |
[TOP]